WE-TechとマルシンモーゼルM712のニコイチ化

2015年6月のアナウンスから丸一年、WE-Techのモーゼルミリタリーガスブローバックはようやく発売した。

今まで、多くのモーゼルトイガンは、いろいろメーカーで製品化したが、ガスブローバック分野においては、未だにどれもボルトストップ(ホールドオープン)機能を実現できない。

13220802_963469630441243_6311394680873056738_o

13319938_980348938753312_8814936342608766099_n

 

前にも、このWEモーゼルも台湾K◯CのCO2モーゼルのように、てっきりマルシンモーゼルのデッドコピーと思いますが、オリジナル設計のボルトストップ機構を持つことを知ると驚きました。10連マガジンでフルオート撃ち切れる6mmガスブローバック、セミオートでバーストする事なく、そしてボルトストップ掛かる、まさに究極のモーゼルトイガンとも言える。

だが、ライセンス上の理由で、WEモーゼルの刻印はモーゼル社正規のものではなく、中華民国32年式拳銃「自來得手槍」仕様になった。

この「32年式拳銃」は実在するモデルで、第二次大戦の最中(1943年頃)で中華民国の国民党政府がモーゼルミリタリー・シュネルフォイヤー(M1932)をコピー生産した武器です。刻印以外、性能や外見はほぼオリジナルと一緒なんです。20世紀前半、数多く中国製モーゼルコピーの中には、かなり高性能の部類に入る。

スクリーンショット 2016-06-10 0.04.38

WEモーゼル刻印の参考元、中華民国32年式拳銃の実銃写真。

 

さてトイガンの話に戻りましょう。マルシンのM712と比べてみれば、作動面から言うとWEの勝ち。10連マガジンでフルオートしても確実に最後の弾まで撃てます、しかもボルトストップ掛かる。セミオートモードでもバーストしない確実さを持つ。銃口やフロントサイトの造型はちょっと残念だけど、整体の完成度が高く、割とよくできてトイガンです。

だか、マルシンはモーゼル刻印がある。あと、私は台湾人ですからフルメタルのトイガン所持でも問題にならないが、おそらく日本の方は大変困るでしょう。

ですが、モーゼル好きとして、やはりオリジナルモーゼル刻印のM712欲しい。

WEモーゼルを入手した後、すぐに手持ちのマルシンモーゼル8mmガスブロとニコイチできるかどうかを検討した。

結論から言えば、出来ます。ある程度のABSプラスチック加工作業が必要なんだけど。

このWEモーゼルのボルトストップ機能は、マガジンやボルト周りの機構で実現する。そこで、WEモーゼルのバレルエクステンションと機関部を丸ごとマルシンフレームに移植すれば、論理的には問題ないと考えられる。

あと、申し訳ないですが、手元が弾速計持ってないため、日本基準のパワーやデチューン等の考察はしていません。ご注意・ご了承ください。

なお、まことにご勝手ながらこの方法の改造は自己責任でお願いします。

まず両方のフレームを比べてみた。フレーム後部の寸法は微妙に違う。特に、インナーフレームとのキャッチ部。ここではマルシンフレームの加工が必要です。
IMG_1632

 

機関部/インナーフレームを取り出すと、まだ別の加工必要箇所を見つけた。

IMG_1631

 

マルシンフレームの上部を削さないと、WEのバレルエクステンションはフレームに引っかかって入れない。

IMG_1629

 

マルシンフレームの削り箇所は、フレーム後部や上部、そしてストライカー前方の構造材です。絵で見れば分かりやすいと思います。WEのマガジンが修正なしでマルシンフレームに入れる。

13406916_981216391999900_3012448722258496061_n

 

マルシンとWEのパーツ寸法が微妙に違いため、そのままマルシンのトリガーやセレクターを使うと、連射機能が利かなくなる。そこでWEのトリガーやセレクター部品と交換しましょう。

IMG_1665 IMG_1664

 

WEのセレクター、なぜがマルシンよりやや小さいため、見映え悪いかもしれないだが、申し訳ない程度で済む。WEフレームパーツの外すや組み上げる方法は、基本的にはマルシンモーゼルと一緒。

IMG_1667

 

これてマルシンフレームの改装を完了。加工がうまく行けば、WEのバレルエクステンションとインナーフレーム(機関部)は順調にマルシンフレーム入れるはず。

IMG_1671

 

これて、ちゃんとボルトストップする、WEマルシンニコイチM712が完成しました。材質や色の差は激しいですが、キャロムショットガンブルースプレーがあれば、なんとかなるでしょ。(台湾では、キャロムショットのモデルガンスプレー売っていない…悔しいw)

これは現状で唯一、「モーゼル刻印でボルトストップかかるM712ガスブローバック」を楽しめる方法です。ちなみに、WEモーゼルのプラストックはマルシンフレームに加工なしで付けます。

補足として、WEメーカー公称のロングマガジン装弾数は19発ですが、実際、ぎりぎりまで24発を装填・射撃できる。実用的には、20発くらいが妥当と思います。あと、マガジンの構造やボルトストップ機構の関係上、ニコイチした個体でマルシンマガジンの流用は物理的に不可能です。マルシンマガジンの流用についてはあらかじめ調べて必要があるので、再考察したいとおもいます。

IMG_1669

そして、実射動画をYouTubeやニコニコに上げました。ぜひご覧ください。HFC134aフロンガス使用。

願うは、世界中のモーゼルファンに良きモーゼルライフを。

ではでは。

7/5 追記:WE-TechはM712カービンタイプの開発を公式FBでアナウンスしました。発売日については触っていないけど情報を入った次第、記事を更新します。

無迴響

Sorry, the comment form is closed at this time.

WE-TechとマルシンモーゼルM712のニコイチ化

13220802_963469630441243_6311394680873056738_o

2015年6月のアナウンスから丸一年、WE-Techのモーゼルミリタリーガスブローバックはようやく発売した。

今まで、多くのモーゼルトイガンは、いろいろメーカーで製品化したが、ガスブローバック分野においては、未だにどれもボルトストップ(ホールドオープン)機能を実現できない。

 

前にも、このWEモーゼルも台湾K◯CのCO2モーゼルのように、てっきりマルシンモーゼルのデッドコピーと思いますが、オリジナル設計のボルトストップ機構を持つことを知ると驚きました。10連マガジンでフルオート撃ち切れる6mmガスブローバック、セミオートでバーストする事なく、そしてボルトストップ掛かる、まさに究極のモーゼルトイガンとも言える。 Details »

海賊版「ドラえもん」の思い出

14991649

本文的中文加料版請見:盜版《小叮噹》的快樂回憶與心靈創傷

第二次世界大戦末期の昭和20年3月、日本軍は南海の無人島で巨大な宇宙人を捕獲した。軍はこのガ壱号と名付けた宇宙人を対米軍用の超兵器にしようと目論み、海堂少尉にガ壱号の使用する言語の解読を命じた。海堂はガ壱号の言語とポリネシア語との類似性に気づき、ガ壱号に日本語を教えることに成功する。

海堂と心を通わせたガ壱号は、大東亜共栄圏の理想に共感し、同年4月1日、日本兵として初陣。身体能力もさることながら、宇宙服・短銃(射程20km相当の光線銃)を駆使し、米軍の沖縄上陸や広島・長崎への原爆投下などを阻止。遂には日本を逆転勝利へと導き大将へ昇進するとともに「帝国"最大の"軍人」と讃えられた。感激したガ壱号は日本への帰化を希望するが、食料事情に加え彼の力を脅威と感じた軍本部は、ガ壱号の処分を海堂に命じ、青酸カリを飲ませようと試みるが…

ーーウィキペディア《超兵器ガ壱號》のあらすじより

自分は4−5歳の頃から、藤子先生の「ドラえもん」の愛読者となっていた。
Details »

【轉載】「超級馬利歐兄弟」的文化改造與資訊革命

這篇文章是摘錄自時報出版,民國七十八年的一本譯書《任天堂的企業謀略》卷末附錄,是時報週刊一〇二期的一篇關於當時日本與台灣電視遊樂器產業發展狀況的深入報導。

這篇報導珍貴之處在於,它是目前可以找到少數記載了八〇年代台灣遊戲產業狀況的文字紀錄(雖然主題是任天堂),而且翻譯與校對方面也比後來尖端出的幾本電玩產業書好很多,我覺得非常有參考價值,因此將它轉載到網路上來。

如果版權方面有任何爭議,請立刻聯繫我。本文如要轉載,非常歡迎,但請附上原始出處,最重要的是請勿增刪。另外,文中的用語及名詞,為了保留報導原意,並不多作修改,只修正了幾個別字。

「超級馬利歐兄弟」的文化改造與資訊革命

東京.劉黎兒/台北.游惠貞 聯線報導

Details »

把付費轉蛋比擬為賭博,是對賭博的侮辱?

這兩天,一份在Slideshare上發表的投影片「某個泰國阿宅脫離數個日本線上遊戲過程的故事(あるタイ人オタクが数々の日本のオンラインゲームを辞めた経緯の話)」在日本遊戲圈與宅圈流傳著。

這份投影片的作者Matumit Sombunjaroen本身也是遊戲開發者,同時是一個自認與公認的阿宅。由於他身為(對日本市場來說)典型的「海外」玩家,其經歷和感想應該與不少台灣日系手機遊戲愛好者有共同之處,因此這份由泰國玩家以日文寫就的投影片,也相當具有參考性及作者獨到且沈痛的幽默感。

あるタイ人オタクが数々の日本のオンラインゲームを辞めた経緯の話 from Matumit Sombunjaroen

Details »

一切都會過去

有些人問我,我放在G+自介跟這個部落格小標欄的那句"This too shall pass"是什麼意思,還有為什麼要放這句話?

This too shall pass,實際上也就是"This, too, shall pass away"。

Details »

Published on .
Filed under: 雯麗萌

領薪水做這種事,你可曾感到不可思議?

這個slideshow需要JavaScript。

這麼多年下來拍了幾百張女裝照,應老闆要求穿公司的團服拍試裝照,還是第一次⋯⋯

理論上這是工作的一部份,所以我一邊拍不斷自問自答:「領薪水做這種事,你可曾感到不可思議?」

Published on .
Filed under: 雯麗萌

聊聊《TeaMeow》

下這種好像很了解別人正在Developing的專案的標題真的好嗎?(困惑)

不記得幾天前是在臉書還是G+,或者是Twitter上,才第一次得知在不久的將來會出現一個新的社群網站「TeaMeow」。由於從自己幾年前放棄部落格之後,就一直在社群網站(主要是Google+)上活動,所以這或許是個好理由,在這個SNS上線前聊點個人非技術性的想法與期待。

Details »

Published on .
Filed under: 網路萌

蠢萌

LtOTBw20vWE

昨晚裝了WP時因為太猴急所以裝了英文版,今天覺得想換正體中文版,很順利的覆蓋之後才發現…忘了備份

http://wenli.moe 原來是蠢萌的意思…

Published on .
Filed under: SYSOP

廢業青年的消失

今天不小心挖到某個希洽版推文截圖,意識到多少還是有人記得我以前的存在,就想趁這個機會解釋一下事情經過好了,畢竟這件事實在沒有作為歷史謎團的價值。為了對於那個部落格還有記憶,也還願意把我當朋友的人,讓他們知道事情經過也是好的。

先說結果。由於一連串不幸的巧合和我自己既冷酷又缺乏冷靜的一些舉動,原本Blogger的廢業青年日記已經絲毫不存,一點都沒有剩下了。
Details »

Published on .
Filed under: 雯麗萌

北門三井倉庫:憂鬱的紀念碑

兩個多月沒寫文章,這大概是這個網誌(註:廢業青年日記)有史以來的第一次。可是這一次可不是什麼網路自閉症發作,而是真真正正地寫不出東西,表達不出自己的看法。

在台北北門旁,也就是舊總督府鐵道部與台北郵局的對面,有一棟老舊、破落的兩層樓磚造建築物。樓下騎樓的鐵捲門深鎖,而所有的窗戶都已經被木板封上。立面的山牆上有一個斑駁的白色菱形商標,中間有個小小的「三」字。這是日本三井財團戰前在台灣的產業之一,從一些日治時期的台北空拍照片裡,便已經可以見到它的身影。
Details »

Published on .
Filed under: 廢業青年