WE-TechとマルシンモーゼルM712のニコイチ化

2015年6月のアナウンスから丸一年、WE-Techのモーゼルミリタリーガスブローバックはようやく発売した。

今まで、多くのモーゼルトイガンは、いろいろメーカーで製品化したが、ガスブローバック分野においては、未だにどれもボルトストップ(ホールドオープン)機能を実現できない。

13220802_963469630441243_6311394680873056738_o

13319938_980348938753312_8814936342608766099_n

 

前にも、このWEモーゼルも台湾K◯CのCO2モーゼルのように、てっきりマルシンモーゼルのデッドコピーと思いますが、オリジナル設計のボルトストップ機構を持つことを知ると驚きました。10連マガジンでフルオート撃ち切れる6mmガスブローバック、セミオートでバーストする事なく、そしてボルトストップ掛かる、まさに究極のモーゼルトイガンとも言える。

だが、ライセンス上の理由で、WEモーゼルの刻印はモーゼル社正規のものではなく、中華民国32年式拳銃「自來得手槍」仕様になった。

この「32年式拳銃」は実在するモデルで、第二次大戦の最中(1943年頃)で中華民国の国民党政府がモーゼルミリタリー・シュネルフォイヤー(M1932)をコピー生産した武器です。刻印以外、性能や外見はほぼオリジナルと一緒なんです。20世紀前半、数多く中国製モーゼルコピーの中には、かなり高性能の部類に入る。

スクリーンショット 2016-06-10 0.04.38

WEモーゼル刻印の参考元、中華民国32年式拳銃の実銃写真。

 

さてトイガンの話に戻りましょう。マルシンのM712と比べてみれば、作動面から言うとWEの勝ち。10連マガジンでフルオートしても確実に最後の弾まで撃てます、しかもボルトストップ掛かる。セミオートモードでもバーストしない確実さを持つ。銃口やフロントサイトの造型はちょっと残念だけど、整体の完成度が高く、割とよくできてトイガンです。

だか、マルシンはモーゼル刻印がある。あと、私は台湾人ですからフルメタルのトイガン所持でも問題にならないが、おそらく日本の方は大変困るでしょう。

ですが、モーゼル好きとして、やはりオリジナルモーゼル刻印のM712欲しい。

WEモーゼルを入手した後、すぐに手持ちのマルシンモーゼル8mmガスブロとニコイチできるかどうかを検討した。

結論から言えば、出来ます。ある程度のABSプラスチック加工作業が必要なんだけど。

このWEモーゼルのボルトストップ機能は、マガジンやボルト周りの機構で実現する。そこで、WEモーゼルのバレルエクステンションと機関部を丸ごとマルシンフレームに移植すれば、論理的には問題ないと考えられる。

あと、申し訳ないですが、手元が弾速計持ってないため、日本基準のパワーやデチューン等の考察はしていません。ご注意・ご了承ください。

なお、まことにご勝手ながらこの方法の改造は自己責任でお願いします。

まず両方のフレームを比べてみた。フレーム後部の寸法は微妙に違う。特に、インナーフレームとのキャッチ部。ここではマルシンフレームの加工が必要です。
IMG_1632

 

機関部/インナーフレームを取り出すと、まだ別の加工必要箇所を見つけた。

IMG_1631

 

マルシンフレームの上部を削さないと、WEのバレルエクステンションはフレームに引っかかって入れない。

IMG_1629

 

マルシンフレームの削り箇所は、フレーム後部や上部、そしてストライカー前方の構造材です。絵で見れば分かりやすいと思います。WEのマガジンが修正なしでマルシンフレームに入れる。

13406916_981216391999900_3012448722258496061_n

 

マルシンとWEのパーツ寸法が微妙に違いため、そのままマルシンのトリガーやセレクターを使うと、連射機能が利かなくなる。そこでWEのトリガーやセレクター部品と交換しましょう。

IMG_1665 IMG_1664

 

WEのセレクター、なぜがマルシンよりやや小さいため、見映え悪いかもしれないだが、申し訳ない程度で済む。WEフレームパーツの外すや組み上げる方法は、基本的にはマルシンモーゼルと一緒。

IMG_1667

 

これてマルシンフレームの改装を完了。加工がうまく行けば、WEのバレルエクステンションとインナーフレーム(機関部)は順調にマルシンフレーム入れるはず。

IMG_1671

 

これて、ちゃんとボルトストップする、WEマルシンニコイチM712が完成しました。材質や色の差は激しいですが、キャロムショットガンブルースプレーがあれば、なんとかなるでしょ。(台湾では、キャロムショットのモデルガンスプレー売っていない…悔しいw)

これは現状で唯一、「モーゼル刻印でボルトストップかかるM712ガスブローバック」を楽しめる方法です。ちなみに、WEモーゼルのプラストックはマルシンフレームに加工なしで付けます。

補足として、WEメーカー公称のロングマガジン装弾数は19発ですが、実際、ぎりぎりまで24発を装填・射撃できる。実用的には、20発くらいが妥当と思います。あと、マガジンの構造やボルトストップ機構の関係上、ニコイチした個体でマルシンマガジンの流用は物理的に不可能です。マルシンマガジンの流用についてはあらかじめ調べて必要があるので、再考察したいとおもいます。

IMG_1669

そして、実射動画をYouTubeやニコニコに上げました。ぜひご覧ください。HFC134aフロンガス使用。

願うは、世界中のモーゼルファンに良きモーゼルライフを。

ではでは。

7/5 追記:WE-TechはM712カービンタイプの開発を公式FBでアナウンスしました。発売日については触っていないけど情報を入った次第、記事を更新します。

無迴響

Sorry, the comment form is closed at this time.

下部隊奇譚:個別的九人

第一天,你被大隊人事士通知以C中隊所屬人員的身分,支援A中隊三個月。你有點茫然,因為C中隊除了重上加重的學長學弟制和勤務以外,支援人員一旦回部隊歸建,意味著必須重算梯數,而和小你五六梯的學弟一起菜。

當天稍晚,人事士又拿著重新列印過的同一份文件,上面記載著你將要改為分發至B中隊;然而,那天晚上就寢前,你又被拿著再次重新列印過,又經過塗改的那份文件的士官告知:你已被正式分發至A中隊。睡隔壁床的近梯學長與同梯朋友都向你道賀,因為A中隊一般認為勤務單純,是人見人愛的派任。

Details »

Published on .
Filed under: 廢業青年